B面:《Featured Artist》The Radio Dept.

今回は、

The Radio Dept. を紹介したいと思います。

 

ザ・レディオ・デプトThe Radio Dept.)は、

スウェーデンルンドのインディーズバンド。

2006年公開のソフィア・コッポラの監督による映画『マリー・アントワネット』の

サウンドトラックに使用されることにより、世界中にリスナーを増やしました。

エコーのかかった声、ノイズ、電子音楽シンセサイザーを取り入れた音が特徴。

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインなどを代表とする

シューゲイザー音楽に分類されます。

f:id:yuhkixx:20030519185924j:plain

 

クリーンで透明感のあるサウンド。

シューゲイザーは未来的な世界観のあるものが多いですが、

The Radio Dept.は、

どこか懐かしいガレージロック的なドラムやギターのメロディラインがあったり、

上品さや 儚さといった要素が感じられます。

 

 

Heaven's On Fire

Heaven's On Fire

 

BPMが低い曲も多いので、

静かな夜に一人くつろぐ時間にもおすすめです。

 

This Past Week

This Past Week