読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

≪Featured Artist≫ Ed Sheeranへの愛をひたすら語ってみる。

MUSIC Featured Artist

今日はタイトルの通り、エド・シーランへの愛について語ろうと思います。

今や、グラミー賞パフォーマンス、ジャスティン・ビーバーテイラースイフトへの楽曲提供、ウェンブリースタジアム公演、など世界的なスターのエド。1枚もアルバムが出ていないときから応援していたので、昨年グラミーを獲ったときも、今年のグラミーでの堂々としたパフォーマンスもとても感慨深く感じたので、このタイミングで書こうと思います。

f:id:yuhkixx:20170215004749j:plain

猫と戯れるエド(たまらん!)https://www.tumblr.com/search/ed%20sheeran%20innit

 

私が彼に出会ったのは、ベストヒットUSAで「The A team」が紹介されたときです。

もともと、アコースティックギター1本で歌うような曲が好きだったので、電子音が多用されるポップソングが多いなか珍しく、その1曲で夢中になりました。すぐに検索し、他の曲を探したところ、その時はまだ1枚目のアルバムも出ていなくて、インディーズ時代の楽曲がYoutubeで荒いレコーディングで出てきました。その素朴さにさらに心をつかまれました。ルックスは、もさもさした赤毛で、少しふくよかで、いつもチェックのシャツをきていて、しかも猫が大好き、とオタク感満載。当時の彼のプロフィールでは、年間100本以上ロンドンでライブをおこなっていて、家が無いという紹介がされていました。そのことを歌った、"Homeless"という曲もあります。音楽が大好きで気ままな暮らしをする青年。(すぐさまロンドンに行って、レストランやバーでライブをする彼に出会いたかった)周りの誰も「エド・シーラン」の名を知りませんでしたが、インディーズ時代のをほとんどデータで落とし、ひたすら聞きました(笑)

2枚目の「X」でやっと日本への来日が決まりました。新木場スタジオコースト。1枚目「+」では知る人ぞ知るだった彼ですが、2枚目はかなり日本のレコード会社のプロモーションも強く、知名度を広げたので、ライブは、ティーンガールだらけで少し気持ちが萎えましたが(独占欲?)、演奏は素晴らしかったのを覚えています。一曲一曲でギターを変えるこだわりよう。その時の感動は下の記事に詳しいので、こちらへ。

 

彼の楽曲の面白さは、アコースティックサウンドなのに、ヒップホップ要素があるところだと思っています。Aメロはラップでたたみかけ、サビではメロディアス。

そして、気に入っている理由は、作風がぶれないところです。自分で作詞作曲を手掛けているからこそではありますが、ポップ歌手はとかく商業主義に飲み込まれてしまい、1stアルバムが最高で2ndも発展系、3rdでちょっと商業の匂いがし始めてしまう、と私は分析しています(笑)アヴリルテイラー、どちらもアコースティックサウンドで自作の曲で勝負していますが、どちらも1stが最高で、アイドル歌手化する道を辿りました。エドは、グラミーを獲った今も、アコースティックギター一本で勝負。(途中、Singでファレルとコラボし、危機感を感じましたが)ダサさも健在。

 

エド・シーランは、これから年を重ねていき、どんな歌手になっていくんでしょうか。まだ圧倒的にティーンガールからの支持は厚いなかで、どこへ向かうんでしょうか。3枚目に収録される曲が2曲ティザーされていますが、3枚目の全体像が見えたとき、また分析してみようと思います。

 

最後に、私のフェイバリットソング5を紹介します。

 

❶The A Team

エドを好きになるきっかけであり、エドにとっても注目を集めるきっかけとなった1曲。悲しい歌詞です。しかし、彼女の生活、彼女の人生、それを取り巻く社会は、私たちにも共感できるところがあります。


Ed Sheeran - The A Team [Official Video]

 

❷Where We Land

"Songs I Wrote With Amy"というインディーズ時代のCDに収録されている一曲です。

Amyとのハーモニーが美しい、穏やかな曲です。

Treat me beneath this clear night sky
And I will lie with you
I start to feel those butterflies
When I’m next to you


Ed Sheeran - Where We Land

 

❸Small Bump

休日の朝にぴったりな爽やかな一曲。弾むようなメロディで、さらっと愛を歌う抜け感がおしゃれです。朝のコーヒーを入れていると、ソファに座るエドが口ずさむというシーンを妄想していい気分になります。


Ed Sheeran - Small Bump (Acoustic Boat Sessions)

 

❹All Of The Stars 

映画のテーマ曲ともなったこの1曲。遠い街に住む彼女も、同じ夜空を眺めているかなと思いを馳せるロマンティックでキュートな歌詞です。(歌われたい。)


All Of The Stars - Ed Sheeran lyric video

 

❺Tenelife Sea

海外へ向かうとき、いつも聴く一曲です。少しの郷愁が感じられるメロディが心地よく、飛行機や移動の電車で聴きたくなる。実は歌詞は、別に海の歌ではないんです。ドレスを着た彼女へ素敵だねと伝える日常のラブソング。もしかすると、クサイ!?でも、エドだから許されます。


Ed Sheeran - Tenerife Sea

 

ひきつづき、ロンドンに行ってエドの恋人になるという妄想を繰り広げながら、

応援し続けようと思います。

 

グラミー賞が終わって。ストリーミング時代の音楽への向き合い方

Talk MUSIC

今年もグラミー賞が終わりました。

アデルという歌手の凄さが改めて世に知らしめられた日だったと思います。

5冠。

 

今年も予想を行い、22個中14個が正解となりましたが、

そのうち、5個はアデルというわけです。

 

私は外してしまったのですが、チャンス・ザ・ラッパーの受賞は、今の時代らしいと思います。グラミー賞は、アルバムの売れ行きなども勘案されているものだと思いますが、彼は、ストリーミング配信しかしていないアーティストだからです。グラミーの主要な賞である「レコードオブザイヤー」という表現が不自然に感じる日が近づいているということです。

 

少しここで「ストリーミング配信」がメインの視聴方法となってきた時代について考えてみたいと思います。先にお伝えしておくと、私は、Apple Musicも、Spotifyも、Amazonのprime musicも活用しています。ストリーミングにでてこない曲はアプリのMusic FMもたまに使用します。どっぷりとストリーミングの恩恵を受けている人間です。

「ストリーミング」は、音楽への探求心は満たしてくれるけれど、自分が気に入った音楽への愛着(執着)を薄くさせている気がします。

 

私は、物心ついた時から洋楽が好きでした。小学5年生の時、父がCD屋さんで、「コンピレーションアルバム」を手にとり、この中から好きな曲があればその人のアルバムを買えばいいと教えてくれました。私は流行のポップソング中心のコンピを買い、アヴリル・ラヴィーンの「sk8ter boy」を気に入り、彼女の1st アルバム「Let go」を自分のお小遣いで初めて購入しました。何度も聞きました。歌詞カードには英語が読めなかったため、歌うために、そのまま聞こえた音をカタカナでルビをふってありました。(黒い紙だったので、黒いシャープペンシルで書いていて、見えづらいのが今みるとかわいらしく感じます。)今思えば、なけなしの一枚を大事に思う気持ち、CD一枚への執着心がすごかったと思います。

"Losing Grip"から始まり、"Why"で終わる。ティーンのもどかしさ、怒り、寂しさ、愛しい気持ち、そして世の中ってこんなもんだというティーンなりの悟りのようなもの、その全てをアルバムを通して取り込んで、一枚聴き終えると、少し大人になったような気持ちになったものでした。

 

ストリーミング時代の今、歌詞カードは付いてきませんし、曲を単体で聞くようになり、アルバム全体を最初から最後まで聞くことがあまりありません。Apple Musicではシングルカットの目立つ曲には曲リストの中に星印がついていて、それを聞いておけばOKという具合になっています。私の主観でしかありませんが、アーティストは曲順もとても考えていますし、曲調によって収録する曲のバランスも考えていると思います。Linkin Parkの3rdアルバム「Minutes to Midnight」では、前の曲と次の曲がつながっていて、物語のような仕上がりになっています。これはストリーミングで聞いてしまってはつまらないのではないかと思います。そんなCDならではの醍醐味を、今の時代にティーンの子たちは知らずに生きているんだなと思います。とはいえ、レコードを現役で知らない私は、「針を落とし、裏返し、また針を落とす」楽しさを知らないんだねと大人に言われました。(だからこそ今、針を落とすことにはまっていますけどね!)

 

「ストリーミング」が生まれて、世界中の音楽に、すぐにアクセスできるようになり、最新も、レコードでしかないような古い曲も知れるようになりました。今日はジャズを知りたくなり、明日は電子音楽を知りたくなっても、関心の赴くままに、音楽を楽しめます。この人に似ているアーティストはこちら、おすすめはこちら、機械もレコメンドしてくれます。そして、歩いているとき、ジムで走るとき、雨が降ったとき、突然悲しいことがあったとき、すぐに合う曲を流すことができます。より音楽が生活の友になりました。とても良い時代です。

 

私は、好きなアーティストは、CDやレコードを買うことにしています。買おうと思った時、本当に好きなのか、この先何年もこの曲を聴きたくなるか、もちろん先のことはわかりませんが、やっぱり自分に問いかけます。コンセプトをもって作ったアルバムを最初から最後まで聞くこと、アーティストがその時代時代で持っている考えや嗜好がつまった一つの記録を自分の手元に保管しておくこと、そこで敬意を示したいなと自分なりに思っています。

そういう意味では、今回アデルの「25」はしっかりとアルバムを購入しようと思います。

 

さて、話がだいぶそれてきたところで、今日はお開きにします。

 

後編は、グラミー賞のパフォーマンスについて雑談をします。

 

 

 

 

 

Grammy 2017 勝手に大予想

Talk MUSIC

f:id:yuhkixx:20170207200459j:plain

今年もやってまいりました、恒例のこの企画「第59回グラミー賞  勝手に大予想」です!恒例といっても昨年からですが。昨年は、予想20個中11個正解で、打率5割でございました。目指せ全予想的中。ちなみに、こちらの大予想、個人的な嗜好もありますが、ちゃんとレコード売上枚数やビルボートチャート入りの状況を調べるなど真剣に取り組んでいく次第でございます。それでは、おつきあいくださいませ。

 

今年はなんといっても、主要3部門全5部門にノミネートしているアデル様が何部門受賞するかが気になるところであります。私もアデル様に大いにお世話になっておりますので(※お世話になる=沢山聴かせていただき感傷に浸らせていただいているの意)積極的に受賞する方向で予想させていただきたいと思います。

 

⑴レコードオブザイヤー 

Hello/Adele

 

アデル、ビヨンセ、リアーナ。現代のディーバ勢揃いといったところですね。

申し訳ございませんが、7YearsとStressed Outにお世話になっていないため、

その影響力を存じ上げていない。私は一ファンとしまして、まずは アデルに1票!

Hello/Adele

Formation/Beyoncé

7 Years/Lukas Graham

Work/Rihanna Featuring Drake

Stressed Out/Twenty One Pilots

 

⑵アルバムオブザイヤー 

25/Adele

 

こちらはさらに強敵揃い。ビーバー坊やもドレーク兄貴も参戦してきた。そして、一番下を除いては私も爆聴していたアルバムたち。しかし、ここでもアデルに1票!

25/Adele

Lemonade/Beyoncé

Purpose/Justin Bieber

Views/Drake

A Sailor's Guide To Earth/Sturgill Simpson

 

⑶ソングオブザイヤー

Hello

 

うーむ。アデル、アデルと予想してきたのですが、ふと思ったのです。ノスタルジーと後悔をテーマにした「もしもし」の歌と、女性や黒人の平等を訴えるFormation。どちらが社会的に影響力があるのか、と。しかし、Formationはこれまで受賞してきているのはどれもビデオの賞なんですね。ということで、「Hello」に。(あっさり)

Formation

Hello

I Took A Pill In Ibiza

Love Yourself

 

7 Years

 

⑷ベストニューアーティスト

このあたりから難しくなってくるのですが、私は昨年9月にニューヨークにてライブを観させていただいたチェーンスモーカーズに一票!たかがティーンのダンスミュージック、あなどるなかれ。彼らは2016年ものすんごい勢いで売れまくっていた。特に"Closer"からどどっときたし、今年リリースした"Paris"もノスタルジックな歌詞がとても良いです。おすすめです、はい。(こちらのPVはセクシーなので電車の中や会社で見ないように。)


The Chainsmokers - Closer ft. Halsey

 

Kelsea Ballerini

The Chainsmokers

Chance The Rapper

Maren Morris

Anderson .Paak

 

⑸ベストポップソロパフォーマンス

Hello/Adele

なんかアデルVSビヨンセばかりですね。やっぱり、アデルでいいです。(飽きてる)

Hello/Adele

Hold Up/Beyoncé

Love Yourself/Justin Bieber

Piece By Piece (Idol Version)/Kelly Clarkson

Dangerous Woman/Ariana Grande

 

⑹ベストデュオ・グループパフォーマンス

7 Years/Lukas Graham

人々の人生になんらか影響を与えるようなものをよいパフォーマンス、楽曲とするならば、この中ではこちらを選びたいなと。

 

Closer/The Chainsmokers Featuring Halsey

7 Years/Lukas Graham

Work/Rihanna Featuring Drake

Cheap Thrills/Sia Featuring Sean Paul

Stressed Out/Twenty One Pilots

 

⑺ベストトラディショナルポップボーカルアルバム

Fallen Angels/Bob Dylan

 

⑻ベストポップボーカルアルバム

25/Adele

 

⑼ベストダンスレコーディング

Don't Let Me Down/The Chainsmokers Featuring Daya

ここにFlumeもノミネートされていたので迷いましたが全米チャートの順位からこちらに。

 

(10)ベストダンスエレクトロニックアルバム

Skin/Flume

こちらで!

 

(11)ベストロックパフォーマンス

Blackstar/David Bowie

 

(12)ベストロックソング

Blackstar/David Bowie, songwriter (David Bowie)

 

(13)ベストR&Bパフォーマンス

Cranes In The Sky/Solange

 

(14)ベストアーバンコンテンポラリーアルバム

Lemonade/Beyoncé

 

(15)ベストラップパフォーマンス

No Problem/Chance The Rapper Featuring Lil Wayne & 2 Chainz

 

(16)ベストラップ・サングパフォーマンス

Hotline Bling/Drake

ネタとしても大変楽しませていただいたホットラインブリング!!!

座布団1枚ではなく、グラミー1つ進呈しましょう!

 

(17)ベストラップソング

Famous/カニエ兄貴

 

(18)ベストラップアルバム

Views/ドレーク兄貴

 

(19)ベストスコアサウンドトラック

The Revenant/Alva Noto & Ryuichi Sakamoto, composers

 

(20)Best Song Written For Visual Media

Try Everything/ Sia

 

(21)Producer Of The Year, Non-Classical

Greg Kurstin 

んー、でなかったら、

Max Martin

 

(22)Best Music Video

Formation/Beyoncé

 

....疲れました。審査員って疲れますね。って各分野別の人がやってるのか。

とにかくアデルとビヨンセ祭りになってしまった予想ですが、本番はいかに!

2月13日日本時間10時を待たれり!!!

それでは!

 

<速報>Summer Sonic 2017 ラインナップ第一弾発表!

A面:ガールズカルチャー B面:ボーイズカルチャー MUSIC Talk

まだまだコートのボタンをしっかり閉めて歩く寒さですが、本日、毎年楽しみな真夏の音楽の祭典「サマーソニック」のラインナップ第一弾が発表されましたね!

 

今年は、先週から、穴埋めクイズ形式でティザーというとても面白い試みがされていて、私もチャレンジしておりました!

 

個人的な希望と夢と、現実的で商業的なマインドをもって予想したのがこちらです(笑)

f:id:yuhkixx:20170206123448j:plain

The Weekndとのコラボもあったし、そろそろDaft Punkがライブ活動をするんじゃないか、そして生で見てみたい!という希望からヘッドライナーに。

そして、苦し紛れに、ジャスティン、ドレーク、まさかのデスチャ再結成、って、ヘッドライナー級のものをつっこんでみた夢のフェスになっております。

現実的かつきてほしいとおもっていたのがJUSTICE、グッシャー(good charlotte)、BLG(BoysLikeGirls)、Phoenix、あとはダンスミュージック勢です。

 

蓋をあけて見ると!

f:id:yuhkixx:20170206124007p:plain 

6個正解でした。。。

 

 

さすが、サマソニ。毎年恒例のエモい枠がやはりエモい。

パンク勢はSUM41Good Charlotte。ダンス勢はJUSTICE、Phoenix、KESHA(まだいたのか!)  。そして、リアムギャラガー様もいらっしゃるようで。

なぜ、ヘッドライナーがカルヴィン・ハリス?????ウルトラなの?というツッコミは、心の中にしまっておきます。(言っちゃってるけど)

 

まだこれは第一弾なので、第二弾以降も期待大!

続報を待ちましょう。

 

 

 

≪Exhibiton Report≫ASSEMBLE 共同体の幻想と未来展@The Eye of Gyle

B面:ボーイズカルチャー Exhibition Report

現在、表参道のGYLE内のギャラリースペースThe Eye og Gyleにて

開催されている「アセンブル 共同体の幻想と未来」に行ってきた。

 

ASSEMBLE(アセンブル)は、イギリスで2009年に結成された建築家集団。2015年にリバプール・グランビーでの活動が評価され、異例の団体でのターナー賞受賞で、注目を集めた。彼らの活動は、単に、建築物を建てるということにとどまらない。

地域コミュニティ、公共団体とともに、人が生活する環境自体を考えている。

f:id:yuhkixx:20170128164317j:plain

 今回のGyleでの展覧会は、彼らの活動を代表する、前述のターナー賞受賞のきっかけとなったグランビー地区でのプロジェクトを紹介している。

 

展示については、開催中のため詳細は触れないが、概要を記しておく。

リバプール・グランビー地区は、かつてヴィクトリア朝の街並みがあったが、住宅再建計画によりその多くを失った。20年にわたり、市民レベルで当時の家屋が残る「グランビー・フォー・ストリーツ」を守る活動が行われてきた。アセンブルは、廃屋化した住宅(ヴィクトリア朝の長屋)を保護・修復するプロジェクトを依頼された。

今回の展示では、アセンブルによるプロジェクトの前の街並み、工事中、工事後、内装をつくる際に使用した廃屋の瓦礫を利用したインテリアプロダクトづくりの様子、また、公共施設「ウィンターガーデン」の完成予想図が見られる。

 

印象に残ったのは、「グランビー・ワークショップ」という活動と、現在建設中の「ウィンター・ガーデン」だ。

「グランビー・ワークショップ」は、長屋修復の際の内装にも用いられた、住宅用インテリアプロダクトを手作りするための工房の設立と、地元の住民を雇用してプロダクトを制作・販売させ、その収益をグランビーの地域再生活動に還元するというシステム。

比較的簡単な作業でつくられるプロダクトは、シンプルでありながら、偶然性によるランダムな模様や形によってとても味のある仕上がりだ。私は中でも、ミロの絵画のような、下のタイルがお気に入り。f:id:yuhkixx:20170128160404p:plain

D.I.Y.による地域復興。日本でもアダプテーション可能なシステムなのだろうか。

 

ウィンター・ガーデン」はグランビーの地域の人々が集まる場づくり。2016年11月からプロジェクトが開始された。「二階建ての廃屋2戸を草木が生い茂るインドアガーデンとアーティスト・イン・レジデンス施設を併設する集会場『コモン・ハウス』へ転じる」というものだ。「ウィンター・ガーデン」のインスピレーションは、街にある屋根のない廃屋たちだそうだ。完成予想図では、室内ガーデンで、大きな植物が力強く植わっている。

f:id:yuhkixx:20170128161130p:plain

アーティスト・イン・レジデンスの併設は、街の活性化には欠かせないだろう。

実際にイースト・ロンドンもブルックリンも、かつては治安の悪い地帯で家賃が安かったおかげでアーティストたちが集まり、街が活性化していき、注目のエリアとなっていっている。グランビーにも若いアーティストが住み込み、街ぐるみの制作活動を行って、元気づけてくれるだろう。

 

前々からアセンブルの活動は気になっていたのだが、まだ彼らに関する書籍がない。

この展覧会をきっかけに興味がわいたため、彼らのホームページから、

以下は他のプロジェクトについて紹介する。

彼らの最初のプロジェクトは、「シネリウム (The Cineroleum)」(2010)

f:id:yuhkixx:20170128162005j:plain

 

このプロジェクトは、依頼されたものではなく、彼ら自らで始めたもので、

クラーケンウェル通りにあるガソリンスタンドを映画館に変えるというもの。

英国中には使われていない空きのガソリンスタンドが4000以上あり、それをリユースできる可能性を示している。

古き良き時代の映画館の、象徴的な外観(iconography)、デカダンなインテリアを

即興的に作った。素材は路上にあった廃棄されたものや寄付されたものなどでできている。ロビーは学校の椅子や机、周りを覆うカーテンは、屋根にはるルーフィング膜を手縫いで縫い合わせたものだそうだ。

昔懐かしい映画館のルックスが今新しい。使っていないガソリンスタンドが地域の人々の集まれる場所に。しかも安い素材で即興的に作れるところがいい。

f:id:yuhkixx:20170128163328g:plain

 

f:id:yuhkixx:20100904223608j:plain

f:id:yuhkixx:20100904224711j:plain

f:id:yuhkixx:20100828214718j:plain

ネオン菅のSCREENや演目のサインなど細部のこだわりが、チープな素材で簡易にできた外枠を洗練したものにみせている。(こんな映画館が東京にできたらスーパークールなカルチャー発信地になること間違いない。)

 

今回は、ここまで!

まだまだ彼らの面白いプロジェクトはあるため、また改めて取り上げたいと思う。

 

女たちは何故その名を刻みたがる? 昨今のイニシャルブームについて考える

FASHION Talk

そもそも イニシャルを持ち物に刻印することは、新しいことではない。
日本人にとってはそこまで馴染みがないが、
アルファベット名を持つ人種には
"B.W" のようなイニシャルを手紙に書いたり、
ベスポーク(オーダーメイド)の服の裏地にも
刺繍をいれることはごく普通の行為だ。

f:id:yuhkixx:20120904165737j:plain


ちなみに先ほどの例に出した、B.Wは
ブレアウォルドーフの略だが、
世界中で一世風靡したセレブ高校生ドラマGossip Girlでは、

イケてる高校生は会話でも
BやSなどとイニシャルで呼び合っているということを世間に見せつけた。

f:id:yuhkixx:20160714000528j:plain

 

もちろんバッグや食器などなど持ち物にも びっしり 名入れ。

(もしかして 下着にも刺繍があるんじゃないかとも思ってしまう。)

f:id:yuhkixx:20160714000019j:plain


私はメンズファッション誌『LEON』2014年のいつかの号で
イニシャルが刻印された木製ハンガーなどの写真が並べられ、

「名入れがちょい悪いゼ」という記事を見て、

肉食系のオヤジたちは、なんと所有欲が強いのだろうと思っていた。


しかし昨今、気になるのは、
アニヤハインドマーチのイニシャル刻印サービスをはじめ、
2016年のSSはコーチのサドルバッグ、

モデルの間でホットだというバーバリーのリュック、

ロンシャンのル・プリアージュなど、

イニシャルがメインとなったデザインが登場していることだ。


f:id:yuhkixx:20160714000719j:plain 

COACH

 f:id:yuhkixx:20160714001038j:plain

Burberry

 

これは、「IT'S MINE !!」と叫びたい、誰しもの心にある所有欲を刺激しているのか、

 

それとも世界に一つのオリジナルが欲しいというプレミアム感、サムシングスペシャルに価値を感じているからなのか。

今、ファッションをはじめコスメイベントでも、

フォトジェニックな場所の前でニコパチをするのは飽きてしまい、
自分だけのお土産が好まれるのだという。

f:id:yuhkixx:20160714002032j:plain

メイベリンニューヨークがインフルエンサーに贈った名入れのバスローブ


SNSで誰もが発信でき、
誰もが、遠くの誰かの真似ができ、

自分がオープンソースになっている時代。

真似できない、

唯一の「自分だけ」は、自分の名前(存在)。
無意識のうちに、その究極の自分だけ (自分の名が刻まれているもの)

手にしたいという気持ちがどこかにあるのではないだろうか。

 

実は私たちは、意識的に物を持っていなかった時代に、

嫌という程、名入れの持ち物を持っていたのにね。

f:id:yuhkixx:20160714002548p:plain

続きを読む

《Town Guide》LONDON・FOOD編

「ロンドンはご飯がおいしくない」と

ウワサで聞く人も多いはず!

 

わたしは そう言われたらすかさずNOと答えます。

だって、ロンドンにはインテリアも味もGOODなお店が

たくさんあることを知っているから。

 

今回はほんの一部にすぎませんが、

ロンドンっ子に教えてもらったヒップなお店やわたしが足で探したお店などなど、

おすすめを紹介します。

-------

 

 

 

オックスフォードストリートから一本入ると

ウェス・アンダーソンが描くような、見たことがないほどマジカルなのに

どこか懐かしい異次元の世界への入り口が。

Sketch

 

 

ロンドンらしいアーティスティックな空間での食事を

楽しみたいならここ。

世界中の人々が集まる場所だから、予約は必須。

 

オックスフォードストリートのトップショップを背に

チャーチの方へ歩いた道に入ると現れる入り口。

f:id:yuhkixx:20160605002501j:plain

町に馴染むルックスでおとなしくしているだけ、中に入ると、、、

f:id:yuhkixx:20151118101057j:plain

怪しげな洋館に。ずんずん進んでいくと、

テーマが異なる5つのお部屋が用意されています。

 

私たちは、ウェス・アンダーソングランド・ブダペスト・ホテル

彷彿とするピンクのカウチがずらっとならんだ「The Gallery」に。

f:id:yuhkixx:20160404183506j:plain 

キュートな遊び心に満ちた空間。

遊び心は店内だけでなく、メニューにも。

創作のフレンチ?これは何料理?!「エルビス・プレスリー風」ってどんな味!?

わからないメニューばかりで戸惑うこと間違いなし。

店員さんになんのお肉?とかどんな調理方?など質問したり、店員さんのおすすめを

聞いて注文しましょう。

ただ、味は、どの料理も、ハズレなし!!!!!だから安心してね。

このお店の魅力はまだまだ語りつくせないけど、ドアを開いた人だけの

特権ということで秘密にしておきます♡

 

sketch

9 Conduit St, London W1S 2XG イギリス

 

------

ダミアン・ハーストの牛さんを眺めながら牛肉を食す!? 
イースト・ロンドンらしいアート好きのためのカジュアルレストラン

The Tramshed

 

 

ロンドンでアート漬けな日々を求めにきている人も多いはず。

そんな人におすすめなのが、ダミアン・ハーストの作品が展示されている

ことで有名なトラムシェッド

f:id:yuhkixx:20160605005130j:plain©http://www.hixrestaurants.co.uk

 

おすすめはランチのハンバーガー。(もちろんビーフを選択)

日本の女の子の食べる量だと、

ポテトの付け合わせもビッグだから、単品で注文するのがおすすめです。

 

イーストロンドンを楽しみたいならまずこのお店まできて腹ごしえをして

古着屋さんやギャラリー探索に出発するべき♡

 

 

Tramshed | HIX Restaurants

32 Rivington St, London EC2A 3LX イギリス

 

 

----

スケーターに愛されるヒップなピザショップ

 Homeslice Pizza

 

f:id:yuhkixx:20160612223756j:plain

©andreaspassions.com

 

 

 

旅行中に合流した現地の学生の男の子やアパレルショップで働く男の子たちが

連れて行ってくれたピザショップ Homeslice Pizza
狭い店内は若者で満員。ピザの大きさにびっくりだけど

味は本当においしくてどんどんいけちゃう。

f:id:yuhkixx:20130507111306j:plain←机いっぱいになるぐらい大きい

Homeslice Pizza

13 Neal’s Yard,Covent Garden,London WC2H 9DP

 

ーーー

ノッティングヒルに住む地元民御用達のパブ

The Westbourn

 

わたしが泊まっていたAir BnBのお家の家主

ジョアンナとマーカスのおすすめのお店。

ビールとビールにあうご飯がお腹いっぱい食べられるパブ。

 

f:id:yuhkixx:20160612224549j:plain

©www.telegraph.co.uk

 

 

f:id:yuhkixx:20160407205128j:plain

マーカスとジョアンナ ノッティングヒルに住む素敵な夫婦

 

f:id:yuhkixx:20160407205052j:plain

イギリスのソーセージ 食べごたえあってこれだけでも満足できる

 

The Westbourne

Westbourne Park Villas, London, England

 

ーーー

ファッショニスタ垂涎のアフタヌーンティー

THE BERKELEY  

~PRET-A-PORTEA~

 

f:id:yuhkixx:20160406162812j:plain

f:id:yuhkixx:20160406162522j:plain

ナイツブリッジにある高級デザイナーズホテル バークレーのティールームには

各シーズンのコレクションからインスパイアされたスイーツが

楽しめるアフタヌーンティー 「プレタポルティー」があります

 

わたしが訪れた時は、15-16のAWコレクションから。

ヴァレンティノのバッグやシモーヌロシャのドレス、

おしゃれが好きな人なら大興奮間違いなしのかわいさ。

f:id:yuhkixx:20160406230650j:plain

 

f:id:yuhkixx:20160406171238j:plain

 

Afternoon Tea | Knightsbridge | The Berkeley

The Berkeley ,Wilton Place,Knightsbridge,London. SW1X 7RL 

 

ーーー

 

「ロンドンはご飯がおいしくない」は嘘!

ここに載せたお店にはきっと満足できる味があるので、ぜひ行ってみてください!